eye01.jpg

タグ「記録」の一覧

2015.jpg2016年がスタートし、新たな目標に向かうために2015年を振り返りました。

2015年の目標であった平均スコア70台というのは、実にハードな目標でした。
前年比ということで2014年(27ラウンド)と比較すると、平均ストロークで88.81→85.45と3ストローク以上改善したので、目標は達成できなかったものの前進していることは実感しています。
倶楽部選手権では2位で予選を通過し、最終の4人に残って4週に渡りクラブ競技を戦うという初めての経験ができました。
久しぶりのマッチプレーも緊張しましたが、普段と違う対戦を楽しみました。
2014年は1年間まったく変わらなかったハンディキャップも、10から8に減らすことができました。

2016年は、引き続き平均スコア70台を掲げつつ、ハンディキャップも今年中に5まで減らすことを目標とします。
また、今年は倶楽部競技だけでなく、アマチュア競技やオープン競技にも積極的にエントリします。

続きを読む

2005_1sthalf.jpg2015年も半分が終わりました。 年初の目標を達成するために日々取り組んできましたが、すべて思い通りになるどころか、ほとんど思った通りになっていないという現実の厳しさ。 本記事では下半期に軌道修正するために、上半期のレビューをします。

続きを読む

150206_01.png
個人的な考え方ではありますが、上達は練習の量と質によって生み出されると思っています。

つまり、下記のような式が成り立つはずです。

上達=練習量×練習の質

どれだけ短期間に集中して練習するかという密度の観点や、練習の積み重ねによるブレイクスルーなんかもありますが、まずはシンプルに考えましょう。

ゴルフの上達の要素が練習の量と質ということであれば、氣になるのが自分の目標とするラインを達成しているあの人は、どんな練習をどれくらいしているのか・・・ということ。
少なくとも同じ練習をしないと、差は開くばかりですからね。

続きを読む

150103_01.png
2015年の目標を「平均スコア70台」に設定した@KondoAkihiroです。
2015年はこの目標を達成するために、日々の行動を積み重ねていくわけですが、私は意志が弱いので、できるだけ短いスパンで成果が感じられないと、目標を立てても続かないのです。

そこで、私がやっている目標達成のための日々の行動を管理する方法についてご紹介します。
ちなみに日々の行動と2015年の目標には、かなり距離があって実際には目標を細分化しているのですが、それについては別の機会に。

続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索