eye01.jpg

タグ「練習法」の一覧

150629_01.jpg
3パットが発生するシチュエーションは様々ですが、バーディーも狙える距離からの3パットは特にダメージが大きいですよね。
バーディーが狙える距離であれば、カップインできなくても「お先に」でパーをセーブしたいところ。
こういう時の失敗は大抵、距離感のミスです。
思い出してみてください。5ヤードの距離から50センチ左右に外すことよりも、1メートル以上オーバーしたりショートしたりすることの方が多いのではないでしょうか?
パッティングは感覚がモノを言うので、何をどう練習したら良いのか正解はありません。
とは言え、すでに距離感を身につけているプロや上級者の練習法が、ノーカンなアマチュアゴルファーにどれほど役に立つのかという疑問を感を感じます。
そこで本記事では、距離感を身に付けるために私が最初に取り組んだ練習法をお伝えします。
パッティングのノーカンさに嫌氣がさしている方にぜひ読んでいただければと思います。

続きを読む

150305_01.jpg

ETGA定番のドリルの一つに「片手打ちドリル」があります。
片山晋呉プロも練習する時は、必ず片手打ちをやるそうですから、それだけ重要かつ効果の高いドリルなのでしょう。
練習場でも時々片手打ちしている人を見ますが、なかなかきちんとできている人はいません。
そんな、難しいけど効果は高い「片手打ちドリル」について本記事ではご紹介します。

続きを読む

150128_01.jpg
かつて世界一美しいスイングと賞賛された中嶋常幸プロ。
中嶋プロは「30ヤードのアプローチにはスイングのエッセンスがつまっている」と言っています。

しかし、私がゴルフを始めた頃は、その真意が理解できませんでした。
初心者にはフルショットこそが、最大の課題。小さく軽く打つショットなんて簡単。そんなショットをいくら練習してもスイングが良くなるはずが無い・・・そんな印象を持っていました。

そこで本記事では、アプローチ練習がゴルフ上達につながる理由について取り上げます。
90前後のスコアから、もう一段レベルアップしたいゴルファーにお勧めします。

続きを読む

150114_01.jpg
バンカーショットが苦手なアマチュアゴルファーは少なくありません。
苦手と思っているゴルファーほど、引き寄せられるようにバンカーに入ってしまったりします。

そもそもバンカーはハザードなので、他のライより難しくて当たり前なんですが、池やOBと違って打つことができてしまうということが、心理的にペナルティとして受け入れることを難しくしていると言えます。
とは言え、打てるものなら1打でも良いスコアでプレーするため積極的にリカバリーしたいところです。

私のホームコースには、バンカーがあるアプローチ用グリーンがあるので、プレー後にアプローチ練習する時は、必ずバンカーショットを練習します。

本記事では、そんなバンカーショットの練習方法についてポイントをご紹介したいと思います。

続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索