eye01.jpg

いつの間にか休日が終わってるΣ(゜Д゜;を無くすために

意図しない無意識を減らす

130526_01.jpg

休みの日はやりたいことが山ほどあります。
♪あれもしたい!これもしたい!もっとしたい!もっともっとしたい!(by THE BLUE HEARTS)

ところが、サザエさんが始まる時間になってみると、あれ!オレ氣を失ってた?
なんてことが少なくありません。

翌週の仕事に備えるという意味では、脳と体を休める時間も必要なんですが、休日をぐうたら過ごしてしまうと、休みの日まで仕事に使っているような氣がしないでもありません。


週末を「会社に行く体力を蓄える」ために使い切りたくないと思ったときに

人間の記憶は非常に頼りなく、たった1週間前に何を食べたかさえ、記憶だけでは思い出すことができません。

  • 財布に入っていたお金がいつの間にか無くなってる
  • さっき開けたポテトチップスがいつの間にか空になってる

誰かにお金を盗まれたわけでも、誰かがポテトチップスを食べたわけでもありません。
特に意識をするでもなく細々とした物を買ったり、最初の一口から自動的に口に運ぶ行動でこのようなことが起こります。

お金や食べ物は我慢をすることで、一時的に何とかすることも可能ですが、時間の使い方はそういうワケにはいきません。
何もしなくても、時間はどんどん過ぎていくからです。

こういった記憶に関して、私は特にダメみたいで、もうホントにその時寝てたんじゃないかと思うくらい、何も覚えていません。
それに氣づいたのはゴルフを始めてから。

ゴルフの上級者には、自分自身のプレーの内容だけでなく、同伴プレーヤーやゴルフ場の景色まで、事細かに覚えている人が多いです。
私はというと、プレー直後でもコースの景色を思い出せないくらいでして、最初は初心者だからかなぁと思っていましたが、ハンディが10を切るようになった今でもあまり大差ありません。

それが、私が記録することを始めたきっかけです。
今日は「いつの間にか休日が終わってるorz」が起こる理由について考えてみました。


なぜそんなことが起きるのか?

意識してないから

時間が過ぎていくのを意識していないからというと、なんだか身もフタもないですね。 仕事と違って、休みの日は何を意識したら良いのか分からないということもあるでしょう。 逆に言えば、同じようなことは仕事の時にも起こり得ると言えます。

休みの日くらい、タスクに追われなくないという思いも多分に影響すると思われます。

記憶はアテにならないから

いつの間にか終わった休日を過ごしてしまった時は、何をしていたか思い出せません。
その、アテにならない記憶を頼りに、来週こそは充実した休日を過ごすぞ!と意気込んでみても、何も変わらない可能性が高いです。

記憶はウソをつく

僕たちは 「自分を動かしているのは、紛れもなくこの自分だ」 という感覚を当たり前の前提とすることで、日常生活を普通に続けることができているのである。
(記憶はウソをつく[榎本博明]81ページ:「無意識のうちに」という呪文より抜粋)

自分自身の選択であっても、後から他人にどうしてそんなことをしたのかと聞かれても、答えられないことは少なくありません。
脳はじっくり考えることをできるだけせずに、もっと大事なこと(起こるかどうかは別として)にそのリソースを取っておこうとするわけです。

つまり、いつの間にか終わる休日への対策とは、自分自身の無意識へのアプローチということになります。

無意識に使う時間へのアプローチ

端的に言えば、時間の使い道を記録するしかありません。
確かにいちいち記録するのは面倒です。
そんな大変なことをやっていられないという感覚は、至極真っ当です。

しかし、記憶に頼って後から思い出せないのでは対策の取りようがありません。
これは時間の使い方に限らず、お金の使い方でも、ダイエット(食事制限)でも同じことです。

記憶は都合よく書き換えられます。
それでも記憶に頼りますか?

時間を記録するとどうなるか?

時間の使い道を記録することは、どのような効果を生むのでしょうか?
まず、最初に考えられるのは、後で振り返って次をどうするか検討する材料になるということです。
現状を客観的な尺度で認識できれば、対策が的外れなものになる可能性は低くなります。

次に、セルフイメージが向上する効果も期待できます。
私は今でもセルフイメージが低い方ですが、記録した情報を振り返ることに拠って自己肯定感が生まれます。
記録をしないと、漠然とダメだった感にフォーカスして、それが増幅しやすいのです。

そして最も大きな効果は、今にフォーカスできるようになることです。
時間の記録をする習慣が定着してくると、「今は何をやる時間だっけ?」と我に返る瞬間が増えてきます。
これは、それだけ時間の使い道を記録することが難しいということの裏返しでもありますが、それでも続けていると意識(これがまさに無意識)が変わってきます。

習慣を変えるために

名古屋伏見のカフェコスモスさんで、月1回習慣づくりの講座を開講しています。
私の経験も踏まえて、ITツールを活用しながらムリなく新しい習慣を作っていくための講座です。

次回の開催は6月4日(火)19時〜21時です。

全6回の講座ですが、1回のみの参加でも楽しんでいただける構成にしてあります。
習慣とITについて興味のある方は、ぜひご参加ください。

お申し込みはこちらのページか、カフェコスモスさんのFacebookイベント
または、カフェコスモスさんに直接お電話でお申し込みください。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • evergear.pngのサムネイル画像
  • 130601_01.jpg
  • 130530_01.jpg
  • 130526_01.jpg
  • 130520_00.jpg
  • 130520_01.jpg
  • 130516_01.jpg
  • 130513_01.jpg

最近のコメント