eye01.jpg

モチベーションに頼らない習慣を身につけるには?

習慣づくりIT活用術セミナーを開催しました

130507_01.jpg
カフェコスモスさんで習慣づくりのセミナーを開催しました。
半年ほど前からEvernote勉強会を開催していたのですが、私自身が伝えたいことはITそのものではありません。そういったことを踏まえて、今回からリニューアルしての開催です。

習慣づくりとは

習慣と聞くと、早起きとかダイエットのための食事や運動など生活習慣の改善、言葉遣いや整理整頓など人それぞれ様々な習慣をイメージすると思います。 しかし、それらに共通しているのは、なにがしか今の状態を変えたいということ。

例えば「朝4時に起きると成功する」・・・的なタイトルの本を読んで、へぇーそうなんだ!自分もやってみよう!と思っても、三日坊主よろしく1週間も続かずに挫折してしまう。

なぜ続かないのか?習慣にならないのか?
それは意志が弱いからではありません。
一時的なモチベーションに頼ってしまうから続かないんです。

本を読んだりセミナーに行ったりして、今のままじゃいけない、理想の自分はこうなんだ!という姿がイメージできたとします。
要するに、理想の状態を実現している他人の影響を受けている状態。

そこで走り始めてしまうと、3日で終わります。


そうじゃなくて、今どうなのか?ということです。
理想の姿はわかりました。何となく理想の状態のイメージはできるようになっています。
じゃあ、その状態にどうやったら辿り着けるか?

ただ行動するだけではダメ

何が必要で、何ができて、何をするべきか?ちゃんと考えてみませんか?
それを考えるために必要なのは何か?

今どうなのか、今の状態を知らずして理想の姿に辿り着く方法を考えることなどできるはずがありません。
そのために必要な情報は何かというと、今まで

早起きをしたいなら、自分自身が必要とする睡眠時間は何時間なのか知っていますか?
質の良い睡眠を取るために、就寝前の生活習慣はどうなっていますか?
もし、それが難しいのなら、その環境を得るために何を変えれば実現できますか?

もしかしたら直接的に就寝時間を早くしたり、睡眠時間を長くすることは難しいかもしれません。
でも、その実現を阻んでいる何かが日々の生活に必ずあるはず。

そこを考えずして、睡眠時間を削って早起きをしても、絶対に続きません。 

変わるためには等身大の自分を知ること

どうしたら、過大評価も過小評価もすることなく、等身大の自分を知ることができるでしょう?
それは記録することです。

1日2日では見えてこなくても、1ヶ月、半年、1年と記録をすると、ほんとうの自分の姿が見えてきます。
しかも、今はクラウドやスマートフォンがあります。

一昔前なら、紙の手帳に記録して、あとで集計をしなければならなかったことでも、スマートフォンのアプリが助けてくれます。
しかも、スマートフォンは特に努力しなくても常に持ち歩いています。

今ほど、ライフログをするのに良い環境はありません。

地味なやり方かもしれません。
すぐに結果は見えません。

だけど、そこから得られる答えは誰のものでもなく、あなた自身のものです。

いつまで他の人に答えを探し続けますか?

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ

  • evergear.pngのサムネイル画像
  • 130601_01.jpg
  • 130530_01.jpg
  • 130526_01.jpg
  • 130520_00.jpg
  • 130520_01.jpg
  • 130516_01.jpg
  • 130513_01.jpg

最近のコメント